Copyight (C) mitsuwahome CO,.LTD All right Reserved

◇  会社案内

◇  施工事例

◇  物件情報

◇  標準仕様

◇  リクルート

◇  リンク

◇  お問合わせ

HOME DESIGNING by MITSUWA HOME
夢の空間を演出する、それがミツワコンセプトです。

お気に入りのデザインに住まう悦びを、ミツワホームで。

◇  只今、施工中

新築分譲・建築条件付

MITSUWA
CONCEPT

| 会社案内 | 物件情報 | 施工例 | 標準仕様 | 只今、施工中 |
| リクルート | リンク | お問合せ|  HOME  |

An action

耐震診断士による耐震診断

一級建築士(耐震診断士資格保有者)による建物調査を行います。
昭和56年7月以前の建築基準で建てられた住宅では阪神大震災以降の新しい建築基準に基づき、
壁量、筋交いの有無などを補強しバランスの良い建物にしていきます。
現在では各市町村で建物に対する固定資産税の補助が受けられます。
補強内容も市町村での補助が受けられる内容で、施してありますので購入後、昨今問題になっている
悪質リフォームによる訪問販売でのトラブルも未然に防げます。

耐震診断士の調査報告を基に耐震補強

耐震診断士の調査報告書に基づき、施工業者、一級建築士等で協議し、補強方法や補強内容を決定します。
特に筋交いの無い壁、床下の束、基礎と土台の結合などを中心に施工をしていきます。

壁量計算による筋交いの補強

強度が不足している壁面は、床・天井も剥がして筋交いを入れて補強します。
筋交いは筋交いプレートと呼ばれる金物(住宅金融公庫認定商品)で完全に固定していきます。

筋交いプレートによる固定

床、天井を剥がして筋交いを追加している様子。

ミツワホームの取組

ミツワホームでは昭和56年7月以前の建物は全て耐震診断による耐震補強を施し、
その後リフォームに着手しています。
建物ごとに補強方法など異なりますが、建物に合わせた補強を行います。
その補強方法は各市町村での各種助成金が受けられることを前提に施工してありますで、安心してお住まいいただけます。